川崎病について

川崎病とは、乳幼児期に発症する病気のひとつです。毎年1万人以上の子どもがかかっているといわれています。発熱や目の充血、唇の発赤、発疹(ほっしん)など特徴的な症状が現れます。 重篤な合併症である冠動脈瘤(かんどうみゃくりゅう)が残...