早期前立腺がんを手術しないで19年半観察した結果 - MEDLEYニュース

早期前立腺がんは進行が非常に遅いため、余命を縮めないと判断して経過観察される場合があります。アメリカで手術と経過観察を比較した研究から、最長19.5年追跡しても死亡率に差がなかったことが報告されました。 早期前立腺がんの手術と経過観察を比較 アメリカの研究班が、