人生の節目、大学出向の新しい世界

徐々に「運」が向いてきていた。勤務先の会社では、「社内人材募集」という社内公募制度があった。 そのうちの1つが1988年にあった。会社の顧客でもあったその大学から出向依頼の要請だ。学内の公用語は国内にありながら英語。私にはとても魅力的なものだったこともあり申請をし、幸運にも私が推薦され、そこに2年余り行…