「古都」を読む

「御室の桜も、一目見たら、春の義理がすんだようなもんや。」 「そうだ、京都、行こう。」(JR東海CM)の仁和寺のナレーションで読まれた小説の一節。 この言葉を聞いてから、小説のことが気になっていました。 その小説は川端康成の「古都」