第4回 雲を愛する研究者が思わず興奮した「最高の雲」

「私、もう興奮しちゃってます」と、荒木さんはその時のことを振り返った。どんな雲だったのだろうか。