本田翼が急性虫垂炎入院 もっとも多く発症するのは10代〜20代 - ライブドアニュース

「急性虫垂炎」のため本田翼が入院していたことが26日に報じられた。「盲腸」の呼び名で知られ、もっとも多く発症するのは10〜20代。初期にはみぞおちやへそ周りの痛み、悪心、おう吐などが生じるという