話題作『ワンダーウォール』に込められた、たくさんの”敗北”と危機感 (1) 脚本家・渡辺あやが感じている”壁”の存在

映画『ジョゼと虎と魚たち』、NHK連続テレビ小説『カーネーション』などの繊細な作品を世に出し続けている脚本家・渡辺あや。京都発のドラマ『ワンダーウォール』が放送されると、様々な点から話題を呼んだ。今回は渡辺に、どのような思いを込めたのか話を聞いた。