エスカレーター歩行禁止の周知徹底を目指し主要駅や空港、商業施設などでキャンペーン|ニフティニュース

エスカレーター利用者の事故防止や混雑緩和を目指し空港などでキャンペーンが始まった 2009年から続けられている啓蒙活動で、最終的な狙いは「歩行禁止」の周知徹底だという 「片側を空けて乗る」という“暗黙のルール”が出来たのは70年代からだといわれている