1945年ポーランド、ソ連兵の暴行で妊娠してしまった修道女を救おうとした女医を描く『夜明けの祈り』(紀平照幸) - Yahoo!ニュース

(新作映画レビュー)戦後の混乱期、ポーランドで起きた悲劇を実話に基づいて映画化した作品。赤十字のフランス人女医が、苦難の中にある修道女たちを救おうとします。