北里柴三郎 ー北斗の拳で読む日本史-

明治時代には、世界最先端の研究を行う科学者が輩出されます。その第一人者が、「近代日本医学の父」とか「日本の細菌学の父」とかいう二つ名を持つ、新一万円札の北里柴三郎です。それでは、聖帝サウザーの部下のお言葉をいただいて、厳しい自然や病気に立ち向かってみましょう。 《英訳してみよう》 汚物は消毒だ〜〜!…