英雄でも豪傑でもない主人公の「下から見た合戦史」の原点/『足軽仁義』井原忠政さん インタビュー|アップルシード・エージェンシー/文芸部 公式note|note

時は戦国、所は三河。喧嘩のはずみで人を殺め、村を出奔した18歳の茂兵衛は、松平家康の家来である夏目次郎左衛門の屋敷に奉公することになる。だが、折しも一向一揆が勃発。熱心な一向宗門徒である次郎左衛門は「君臣の縁は一代限り。弥陀との縁は未来永劫」と、一揆側につくことを決意する。武士人生ののっけから、「立…