今あえて、文学の《実用性》を考える。|小池陽慈|note

 文学――今、国語教育に携わる人たちの中で、その言葉が話題になっています。それは、今回の教育改革――大学入学共通テストに象徴される入試改革も含む――のなかで、「文学が軽視されているのではないか…?」という懸念が広まっているからです。  果たして本当に、文学は教育改革の中で軽視されているのでしょうか? そして…