一戸建てで手に入る「物に溢れた生活」の話について|kawauchisyun|note

1月も早いものでもう終わろうとしている。そこでどうしても振り返りたいことを書こうと思う。それは、年末年始に帰省した地方の親戚の家で感じた「一戸建ての物の多さ」である。 自分は以前から一戸建ては負債だと言ってきた。ライフスタイルが変化しやすい時代にもかかわらず住居の移動が容易でないこと、数十年のローン…