プロが教える、ゲーム企画書の作り方【就活/会社】|EIKI`|note

 薄暗いバーの片隅で、男がショットグラスの液体を傾けている。 「ふうん、お前さん、見ない顔だね。ああ、大丈夫。わかっているさ。お前さんも言われたクチだろう……企画書を書けってな。この時期なら多分、就活ってトコか? あるいは──いや、いい。  お前さんみたいのを見ていると思い出すのさ。八年前、企画書の作…