手紙のように、ひそひそ話をするように。|古賀史健|note

あくまでもぼくの場合は、という話ではあるのだけれど。 原稿を書くときぼくは、特定の読者を想像しながらキーボードをパチパチしている。その読者は編集者でもないし、取材相手でもない。たとえば「イチローさんがこれを読んだらどう思うだろう?」でも「バラク・オバマさんだったらこれをどう読むのだろう?」でもいい…