ルートヴィッヒたぶらかし | 跳ねる柑橘 | note

壇上の若き表現者たちと重なり、しかめ面の男が浮かび上がる。 なぜ型にはまるのか。 彼は口を動かさずに語りかけてくる。 床に置かれていたはずのトランペットが高らかに鳴り響き、息をひそめていたティンパニが雷鳴よろしく空気を切り裂く。 間髪を容れずストリングスが旋律を紡いでいく。感情の激しい動きを休ませ…