ホームをレスした話(1)|坂爪圭吾|note

2014年のバレンタインデーに、私は、ホームをレスした。 当時、私は東京の渋谷界隈で彼女と同棲をしていた。この日、彼女から「話がある」と言われ、私は「バレンタインデーだから、チョコかな?」などと呑気に構えていた。が、彼女の口から出た言葉は「あなたとの未来が見えない。だから、別れたいと思う」という、…