腐敗 | 西原 広大 | note

思いのほか腐敗が進んでいたので一瞬驚いたが、すぐにそれもそうかと思った。というかその腐敗は目に見えるものではなくて、あくまで自分自身の捉え方によるもので、私自身が腐敗が進んだと感じたからに他ならなかった。 つまり私自身がその腐敗を進めているのであって、その腐敗は私の内側から来ているものであり、その…