〔小説〕 猫 (一)|海明(ミア)|note

部屋に帰ると猫がシャワーを浴びていた。鍵を探しているあいだ、鼻歌が窓の向こうから聞こえていた。 小さなアパートだから脱衣室なんてない。僅か四畳足らずの板の間が、玄関兼、台所兼脱衣場だ。床に無造作に投げ出されたバスタオル。僕は磨り硝子の扉の向こうへ向けて「ただいま」と声を掛ける。 猫は扉を細く開けて…