〔小説〕 ウェディングドレス|海明(ミア)|note

ウェディングドレスをどうしてみんな着たがるのか疑問だった。 純白のドレスを着て「あなたの色に染まります」なんて、冗談でも言えるわけない。一日限りのヒロインになるつもりも毛頭ない。おれはいつでもおれ自身の極彩色を放ち、常に喝采の真ん中に立ちたいのだ。