(十六)夢の中にはもう一つの幻想がある|野原 海明|note

雨があんまり長く降り続くので、海面が上昇してうちのベランダを越えてくる。波の上に透明な海百合がぽっこり顔を出していた。ガラス玉みたいで、あんまりきれいなのでiPhoneで写真を撮る。やがて水面は天井まで届く。 寝ていたら、玄関チャイムの音。居留守をしていたのに、がちゃがちゃと音がして扉が開く。またジロウ…