ギュスターヴ・フローベール「聖ジュリアン伝」(『三つの物語』より) | 雨里 | note

第一章 ジュリアンの父と母は、森のただなか、丘の中腹にある城に棲んでいた。 城の四隅には鉛の鱗屋根で覆われた尖塔が立ち、城壁の基部は岩塊に支えられ、堀の底へと垂直に落ち込んでいる。 中庭の敷石は教会の床のように掃き清められていた。雨の日には、竜をかたどる長い雨樋が、下部にあるその口から雨水を水槽へ…