30歳前後がキャリアの分かれ道。自分の名前で生きていくためには。|高木新平|note

9月30日。とあるトークイベントというか、座談会を開催することにした。きっかけは、同世代の友人から同じようなテーマの相談を立て続けに受けたこと。その問いはシンプルで、「どうしたら自分の名前で生きていくことができるのか?」というものだ。 先日、興味深いブログエントリを見つけた。 → 外資系より残酷な日本の…