津波と放射能汚染で消えた街・JR常磐線・富岡駅前|烏賀陽(うがや)弘道/Hiro Ugaya|note

 2011年の東日本大震災後、フクシマに取材に行くと、よく足を運ぶ場所がある。福島第一原発から約15キロ南にあるJR常磐線・富岡駅(双葉郡富岡町)である。同じ場所に何度も行ってみることで「復興」の実像が見える。一種の「定点観測」である。 (冒頭の写真は2014年5月15日に撮影した富岡駅の様子。津波が運んだ自動車…