国学院久我山を導いた29歳青年監督。“短い練習”を武器にした文武両道。(高木遊)

7月28日に行われた高校野球西東京大会決勝で、国学院久我山が創価を4対2で破り28年ぶり3回目となる夏の甲子園出場を決めた。就任6年目を迎える29歳尾崎直輝監督の「部員たちとともに考え、行動する姿勢」が実を結ぶ形となった。