36番 奥の院 波切不動

四国八十八ヶ所霊場 36番 奥の院 波切不動 弘法大師は延暦23年唐に渡り、長安の青龍寺で恵果和尚より真言密教の奥義を授けられ、真言八祖となられた。帰国にあたり恩師報恩の為一宇を建立したし、最勝地に留まれ。と独鈷杵を日本に向かって投げられた。後に当地の古松にかかっている独鈷杵を感得され、ここに一宇を建立…