分離派の秋 -Der Sezessionsherbst-, a playlist by Spotify

秋が深まるとしばしば、「渋い」という一標語に託された美に感嘆することがある。「渋い」に備わる東洋観念的な美は、学者からギャルまで知るところであるからだ。それは粋なものであり、時に派手であり、強さでも笑いでもあり、趣が進んで辿り着くのは、日本国民が共通して持っている「渋い」という美の標語なのだ。