【電線萌え】 電線電柱について思うことと豆知識 【必読】

電流:「今日も走りに行ってくる!」 電線萌えジャンルも市民権を得てきた昨今。 今回は電線のお話です。