「本業の収入減は覚悟の上」わざわざ地方で副業をする中高年のスゴイ熱量 約半数が「給与が減っても行きたい」 (4ページ目)

副業・兼業を推進し、日本全体で経済効果を出していくためには、地方と都市部の人材の副業・兼業を通じて結びつけ、そのためには、テレワークなど多様な働き方ができることが必要です。最近は、新型コロナウイルス…