Amazon Auroraクラスタへの接続にコネクションプーリングを使うときのフェイルオーバー対応 - Qiita

Amazon Auroraでは、フェイルオーバーが発生してWriterとReaderが切り替わる場合、サーバ自体のIPアドレスは変わらず、クラスタエンドポイントおよび読み取りエンドポイントのFQDN(CNAME相当)が指すIPアドレス...