オープンアクセスを見据えた研究室論文データベースの構築

学術成果は,出版社が所有する学術リポジトリで公開されているが,有償で購読する必要がある.そのため近年では,学術成果を広く伝えるため,研究機関や自身の Web サイトで無償公開する 「セルフアーカイブ」 が注目されている.研究室や個人など小規模組織でのセルフアーカイブは,各々独自の手法で管理されており,デー…