YARDな風景vol.25 ファクトリー天体工場の記憶|SAPPORO YARD - 札幌の「新しい地図」をつくろう。

青じろい骸骨星座のよあけがた凍えた泥の乱反射をわたり店さきにひとつ置かれた提婆のかめをぬすんだものにはかにもその長く黒い脚をやめ二つの耳に二つの手をあて電線のオルゴールを聴く       宮沢賢治「ぬすびと」(『春と修羅』) 1922年(大正11年)3月2日、宮沢賢治が25歳のときの詩である。