菅江真澄との出会い

菅江真澄を知ったのは、私が20代後半のころだった。 私の郷里である秋田県のローカル紙「秋田魁新報」の記事を通してだった。記事は血友病のため長く病床にある民俗学者の内田武志氏についてのもので、内田氏の研究対象が菅江真澄だった。 菅江真澄は、江戸後期宝暦4年(1754年)生まれの国学者・紀行家である。真澄は、天…