エミリー・ブロンテ『嵐が丘』

先日、お世話になっている先生のひとりピーターが私のところへやって来て「昨晩、また君のことを考えていたよ。」と話しはじめた。彼によると、ヨークに新しくできた風力発電機が“Wuthering Heights”と名づけられたのだという。それをテレビで見た彼は、私がエミリーの研究者であることを知っているので、わざわざ教えに来…