フランツ・カフカ「掟の門」

カフカは大学時代から大変好きな作家だった。謎好きの私にとってカフカのような作品というのはとても味わい深く、嚙めば嚙むほど味が滲みでてくる重厚な物語はひとつのジャンルに分類されて然るべきではないだろう。『審判』や『城』といった小説は読むのにとても苦労するため、ここでは敢えて短篇を紹介することにしよう…