アルベール・カミュ『ペスト』

修士一年の時にフランス語の(学部と併合の)授業でカミュの『ペスト』を読み返すことになったのは、個人的にはとても幸運な偶然であったと思う。カミュという作家は確か大学二年くらいの時にかなりぐっと深く入り込んで読んだ作家であったが、こういう作家を読むのにはかなりの体力を要する。実際、ペストは大変だった。…