シルヴィア・プラス『ベル・ジャー』

文学史的な側面から紹介すると、シルヴィア・プラスは詩人であり、一九六九年頃から活躍した現代の作家と言ってよい。夫はイギリスの桂冠詩人テッド・ヒューズである。また彼女はフルブライト奨学金を貰ってケンブリッジに留学するほどの博識でありながら、心の病から脱することのできなかった同情を禁じ得ないひとりの女…