ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ 『若きウェルテルの悩み』

二十五歳のゲーテが書いた十八世紀ロマン派文学の最高傑作である。ゲーテはこの作品を深く愛していたようで、概して世の中に広く受け容れられたことを誇りに思っていたのだという。多くの人々がウェルテルに心酔し、ロッテが文学における理想の女性像となったのと同様に、ウェルテルはロマン派的文学青年というひとつのス…