小池昌代『小池昌代詩集』

記念すべき百回、五十冊目の紹介ということもあり、ここに来て誰を選ぼうかと悩んだのだけれど、本棚の奥の方からとても懐かしい詩集が一冊、見つかった。講演会を聴きに行ったのは七年ほど前のことだろうか。その時は四元康祐との共著『詩と生活』についてであったが、印象深いお話を聴くことができたのをよく憶えている…