『氷菓』を読む(感想・レビュー)

小説の領域でもアニメの領域でも「『氷菓』が好きだ」とあまり大きな声では言えない風潮が息苦しくて癪である。だがたとえば同時代の作家で米澤穂信のような物語を書けるひとはいないし、機知に富んだ文章も眼を見はるものがあり、彼に眼をつけた京アニはさすがだという感じがする。 みなさん諸々不満もあろうが、いやいや…