『たまゆら』を読む 後夜

すでにある大切なものを確認する物語。大きな変化はなく、出だしの状態からほとんどなにも変わらないのだけれど、ひとはなぜ過去をふり返らなければならないのか、その問いかけに対する答えがまっすぐに伝わってくる。いまの自分がなにをもっているのか、なにを大切にしているのかをふり返る。前に進むのはそれからでいい…