『パルフェ』を読む 前夜(感想・レビュー)

いいものにはいいと言われるだけの理由があると思っている。やらずに積んでおいた『パルフェ』は私にとっての約束された名作であり、心の処方箋というこの切り札の使うべき時機を長らく見計らい、このたびようやく服用させていただきました。媚びない、詫びない、気にしない、がこのページのモットーなので、誰にも遠慮せ…