『遥かに仰ぎ、麗しの』を読む(感想・レビュー)

相変わらず過去の名作ばかりを次々とプレイしており、もともと古典文学の研究者だった自分の性を感じるところでもあるのだけれど、やはり時を経てもなお面白いとされる作品にそう悪いものはないのである。とにかく丁寧だったという印象の『かにしの』。穏やかな雰囲気を壊さない慣習的な主題も決して浅薄な感じはせずうま…