『紙の上の魔法使い』を読む 前夜(感想・レビュー)

疲れた、というのが正直な感想。まるで19世紀イギリス小説を読んだあとのように、なにか書くって言ったってどこから手つけりゃいいのよ・・・・・・と途方に暮れてしまった本作。挿話の量だけでなく問題提起の量もひとしお。必ずしも個々の主題が十分表現されていたわけではないけれど、投げかけられる問題のひとつひとつが、次…