『LOVESICK PUPPIES』を読む(感想・レビュー)

良作のなかの傑作。私のなかでは名作。テキストが抜群によく、こんなにしっかりとしたものを書けるライターはそう多くはいない。盛りあがりに欠けると言われるものの、文学が専門の私にしてみれば「盛りあがりい?はあ?」という感じでまったく気にならず。それよりも随所に光る言葉の力強さや彼らの子供離れした思考、ど…