劇団鹿殺し15周年記念公演「キルミーアゲイン」DVD

光の下、僕らは喜び合い希望を振り撒いた。 光が消え、僕らは肩を落とし街に埋もれた。 光と影は、喜劇と悲劇。世界は帳尻を合わせようとする。 とある町、とある劇場。 今まさに荒唐無稽な喜劇が始まろうとしている。 前代未聞の舞台は、世間の話題をさらって大ヒットとなる筈であったが……。 幕の裏側で、笑顔と同じ…