世界初!「ケトン食」臨床実験で末期がん患者の83%が改善 | Smart FLASH[光文社週刊誌]スマフラ/スマートフラッシュ

写真:AFLO  がん細胞が主な栄養源としているのは、炭水化物から合成されるブドウ糖。一方、正常細胞は、ブドウ糖の供給が途絶えても、「ケトン体」という緊急用のエネルギーを作りだすことができる。ならば、がん患者の体質をケトン体依存に変えれば、がんが治療できることになる。その具体例を、『ケトン食ががんを消す…