深夜高熱家一人

の時に書き散らしたものです。