女子マラソン、日本は入賞ゼロの屈辱。「遅くても強い」米国との違い|陸上|集英社 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

初マラソンで2時間21分36秒を出した安藤友香(スズキ浜松AC)と、2012年ロンドン五輪代表で2大会連続出場となるベテランの重友梨佐(天満屋)、そして安藤と同い年で同じチームの清田真央が出場した、世界陸上の女子マラソン。気温19度で陽差しも強いなか、レースは夏の大会特有の遅い展開から一気のペースア…