『ジュラシック・パーク』の毒吐き恐竜 実はこんな姿|ナショジオ|NIKKEI STYLE

1993年の映画『ジュラシック・パーク』のなかに、悪役のひとりが運悪くディロフォサウルス(Dilophosaurus wetherilli)に出くわし、殺される場面がある。人間よりも小さく、好奇心旺盛なディロフォサウルスは本性をむき出しにすると、エリマキトカゲのよう…